食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること。

 

2005年に成立した食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。

単なる料理教育ではなく、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化、食ができるまでの第一次産業についての総合的な教育のことである。

この言葉を造語した石塚左玄は、食品の与える影響に関する独自の説によって、子どもに食べさせる食品の影響によって子どもの心身を養うという意味で用いたとされています。

 


また、食育という言葉は、明治時代に当時の西洋医学・栄養学批判を展開した石塚左玄が1897年(明治30年)頃、「体育智育才育は即ち食育なり」と造語したそうです。

石塚の原文を読むと、彼が唱えた「科学的食養法」では、当時の栄養学に対し、炭水化物脂肪蛋白質だけを重要視し、ミネラルの作用を軽視していると指摘しています。

さらに食品に含まれるミネラルのナトリウムカリウムのバランスに注目しました。

塩や肉や魚を摂り過ぎればナトリウム過剰となり心身の健康を害すると主張しています。

また「白い米は粕である」と言い玄米をすすめました。

白米飯やパンや肉が多く野菜の少ない食事は心身の健康を害すると唱えました。

左玄の唱えた食育は、学童期はカリウムのバランスが多い食事によって身体と学習能力を育むことを意味しているそうです。